姫島村立姫島小学校でワークショップを実施しました

1.実施要項
①趣 旨
美術館のワークショップを通して、全身で素材にふれ、感覚を活性化させるとともに、色と形が織りなす空間が時間とともに変化する様子を体感する。(美術体験)
また、身近な鉱物や植物を活用した顔料作り・染料作り等を通して、「色」という視点から姫島村の自然・環境・風土などをとらえなおすなどして、ふるさとの魅力を再発見する。(郷土愛)
②期 日
平成30年7月10日(火)2時間目(9:35-10:20)及び4.5時間目 (11:30-14:50)
    7月11日(水)2.3時間目(9:35-11:25)
③対 象
 姫島村立姫島小学校(大分県東国東郡姫島村1603 TEL: 0978-87-2001)
 1~6年生  66名
④講 師及び講師補助
大分県立美術館教育普及グループ(大分県芸術文化スポーツ振興財団)
⑤内 容(詳細は2~4p)
A:イロイロたっぷり、カラフルインスタレーション
  対象:1~3年生 29名 日時:7月10日(火)2時間目(9:35-10:20)
B:姫島色をつくるⅡ いのちの色~植物
  対象:4~6年生 37名
日時:7月10日(火)4.5時間目 (11:30-14:50)
   7月11日(水)2.3時間目 (9:35-11:25)
⑥主 催
大分大学 科学研究費助成事業基盤研究(B)「幼小期における地域の色をテーマとした教科融合型学習の開発」研究チーム
「地域の色・自分の色」実行委員会
※日本学術振興会の科学研究費助成事業として実施しました

2.イロイロたっぷり、カラフルインスタレーション」
【プログラム概要】
 色々な色の紙テープを使って、体育館をカラフルに変身させてみたいと思います。まずは、一人ずつ紙テープを転がしてみると、思いがけない色ラインが生まれます。みんなで、紙テープを集めて、小さくちぎって、投げ上げてみます。色の紙吹雪で、体育館がさらに、カラフルになります。身体全体で、色を感じます。

3.姫島色をつくるⅡ いのちの色~植物
【プログラム概要】
                          
身近な植物を採取してきて、染液を抽出し、布を染めてみたいと思います。どんな色に染まるかな?そして、染まった布を媒染液(拍子水など)に浸して発色させてみます。色は変化するかな?採取した植物の種類や染める時間、媒染の方法によって、微妙に色が違ってきます。天然の色彩を体感します。