実行委員会について

こんにちは「地域の色・自分の色」実行委員会です

人は誰しも、美しいもの、綺麗だと感じるものに、自然と心を動かされます。

「美しい」「綺麗だ」と感じることができれば、ふるさとはもっと、輝いて見えるのではないでしょうか。

「地域の色・自分の色」実行委員会は、「色」という視点から、身の回りの豊かな自然や歴史風土に関心を持ち、

ふるさとの魅力や自ら学ぶ楽しさを感じる子ども達を育て、持続性の高い地域振興を行うことを目的として、活動しています。

“ふるさとを「色」という視点で見る”ということは、“「美しい」「綺麗だ」と感じる”ということだと思います。

自分のくらす場所を「美しい」「綺麗だ」と感じることができれば、ふるさとに誇りを持つことができるのではないでしょうか。

ふるさとに誇りを持ち、自分に自信をもつ人材が育つことが、何よりの地域振興だと信じています。

これから「地域の色・自分の色」実行委員会は、皆様のお知恵を頂きながら、成長して参りたいと存じます。

最後になりましたが、私たちの取り組みに多大なるご支援・ご協力を賜っております皆様方に、厚く御礼申し上げます。

委員長 照山 龍治

「地域の色・自分の色」実行委員会設置要綱実行委員会名簿関係機関連携推進協議会名簿

〇「地域の色・自分の色」関係機関連携推進協議会 平成28年度/平成29年度

〇「地域の色・自分の色」実践校連絡協議会 平成28年度/平成29年度

〇「地域の色・自分の色」実行委員会 平成28年度(第1回第2回)/平成29年度(第1回第2回第3回)/平成30年度(第1回第2回

第66回読売教育賞最優秀賞(美術教育部門)について(読売教育賞HPより「第66回読売教育賞」最優秀賞の実践報告書要旨第66回(2017年)最優秀賞受賞者実践報告書集

〇「地域の色・自分の色」実行委員会について 背景と経緯

掲載書籍のご案内

下記の書籍で「地域の色・自分の色」実行委員会の取り組みをご紹介しております。 ぜひご覧ください。 〇月刊初等教育資料2018年4月号 (東洋館出版社) 文責:大分県芸術文化スポーツ振興財団木村典之(「地域の色・自分の色」実行委員会副委員長) 佐伯市立宇目緑豊小学校との取り組みを中心に、ご紹介しています。 〇月間教育美術2018年10月号(公益財団法人教育美術振興会) 文責:「地域の色・自分の色」実行委員会委員長照山龍治 姫島…

コメントなし

九州国立博物館 島谷弘幸館長の講演について(安岐中学校)

九州国立博物館島谷弘幸館長による講演が、平成30年11月1日、国東市立安岐中学校で行われました。 当日は、佐藤禎一 関係機関連携推進協議会代表(東京国立博物館名誉館長、大分県芸術文化スポーツ振興財団理事長)や銭谷眞美様(東京国立博物館館長)、田沢裕賀様(同館学芸研究部長)が、御来賓としてお越しくださいました。 皆様、ご多忙中のところ、ありがとうございました。 詳細はこちらからご覧ください。→(国東市立安岐中学校HPURL:http:…

コメントなし

宇佐市立宇佐中学校との取り組みについて

「地域の色・自分の色」実行委員会は、アートフル大分プロジェクト実行委員会と協力し、 宇佐市立宇佐中学校にてスクールミュージアムを開催しました。 詳細はこちらから。→(宇佐市立宇佐中学校HPURL:http://tyu.oita-ed.jp/usa/usa/information/with-opam.html) なお、この取り組みは、平成30年度文化庁地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業として行ったものです。 主催:アー…

コメントなし

ソニー子ども科学教育プログラム 奨励校受賞について

「地域の色・自分の色」実行委員会では、取り組みの効果検証のため、国立大学法人大分大学と共同研究を行っています。 科学研究費助成事業基盤研究(B)「幼小期における地域の色をテーマとした教科融合型学習の開発」研究チームと「地域の色・自分の色」実行委員会との共同研究の実践校である姫島村立姫島小学校が、本取り組みについて、公益財団法人ソニー教育財団2017年度ソニー子ども科学プログラムに申請したところ、奨励校を受賞しました。 詳細はこちらをご…

コメントなし